1. TOP
  2. スポーツ
  3. 下半身冷え性に聞くヨガポーズ4選

下半身冷え性に聞くヨガポーズ4選

 2018/12/15 スポーツ ダイエット ヨガ ライフスタイル 特集
この記事は約 3 分で読めます。 266 Views

「下半身が冷えているのに、上半身がほてる」といった症状はありませんか。

30代半ば~更年期の女性に多く見られる“冷えのぼせ”は冷え症の一つで、放置すると他の他の不定愁訴につながる恐れも。

 

下半身の筋力を強化すると血流がUPし、症状が和らぐと言われています。

そこで今回は、鼠径部、ふくらはぎ(第二の心臓)、太ももを鍛え、足の筋肉を鍛えていくヨガポーズをご紹介します。

 

英雄のポーズ2

(1)足を大きく開いて立つ。右のつま先は真横に開き、左足は正面よりやや内側になるようにする。

※両手を腰に添え、おなかに力を入れ、左右の腰骨の高さが水平になるよう整える。

(2)手を水平にし、右膝を90度になるよう曲げる。顔は右に向ける。

(3)しっかり腰を落としたまま数呼吸ホールドし、足を入れ替え反対も同様に行う。

 

英雄のポーズ3

(1)直立の状態から、片脚を引く。

(2)両手を上げ、体を一直線に伸ばす。

(3)前に出ている足裏に体重を乗せ、身体を前に傾ける。

(4)綺麗なT字になるように数呼吸ホールドし、バランスを取る。

(5)息を吸いながら曲げたヒザを元に戻し、左右入れ替えて同様に行う。

 

杖のポーズ

(1)両足を伸ばして座る。

※下腹部に力を入れ、下半身と上半身が90度になるよう状態を立てる。

(2)手はお尻のやや後ろ、つま先が前を向くように置いてバランスを確保する。

※左右の座骨に体重を均等かけ、太ももを内側に巻き込むような意識を持つ。

(3)かかとを押すとすねが鍛わり、つま先を前に押し出すとふくらはぎが鍛わるので両方数呼吸ずつホールドする。

 

上向きのプランクポーズ

(1)杖のポーズで座って、両手を腰の10センチほど後ろに指先を前に向けて置く。

(2)息を吐きながらおしりを持ち上げつま先から方までを一直線にする。

※膝が伸ばしづらい方は曲げても大丈夫です。

(3)肩甲骨を寄せ、胸を引き上げ、首は後ろ側を圧縮しないように、ゆっくり頭を後方に下ろす。

(4)数呼吸ホールドし、吐く息で杖のポーズに戻る

\ SNSでシェアしよう! /

スポルWEBの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポルWEBの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

水野 亜由美

水野 亜由美

愛知県出身。外資系製薬会社にてMR(医療情報提供者)として勤務。
その後、海外ボランティアとしてアフリカで活動。
帰国後は大手人材紹介会社にてリクルーティングアドバイザーとして勤務。
       その後ITベンチャー企業の人材開発グループにて採用を担当。
        仕事でのパフォーマンスに欠かせない心と身体の健康面に重要性を感じる。
        2017年に全米ヨガインストラクターの資格を取得。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 下半身冷え性に聞くヨガポーズ4選

  • 夏の疲労はどう改善する?溜まった疲れを吹き飛ばす、疲労回復に効果的なヨガポーズ7選

関連記事

  • 旬の野菜は旬に食べる!試食会料理③長いものとろろグラタン

  • リーガ・エスパニョーラ18—19シーズン開幕!乾貴士、柴崎岳に注目!

  • 未就学児童の習い事ランキングは? 気になる費用も一挙ご紹介

  • トレーナーが筋トレでお勧めしたい!効果を出す組み合わせサプリ

  • おしゃキャンでやりたいキャンプ飯をインスタから発見♡

  • 【夏の甲子園は今年で100回目】2018年高校野球の魅力とは?